当施設について

ようこそガロホステル神戸へ
新神戸駅から徒歩5分の昭和レトロな建物を改装したアットホームなホステルです。お部屋やベッドもオリジナルの小規模ホステルですので、お気兼ねなくお過ごし頂ければ幸いです。徒歩1分の所に三宮、元町行きのバス停があり、観光やビジネスにも便利な場所です。→ History & Staff

名前の由来について
ガロホステル神戸の『ガロ』とはポルトガル語で雄鶏という意味です。ポルトガルでは幸福をもたらす縁起物とされており、神戸のシンボルでもある『風見鶏』としても使われています。また、当施設ができた2017年は、酉年でもあり、この雄鶏を用いて縁起の良い宿泊施設として皆様に親しまれるようガロホステル神戸と名付けました。

誕生エピソード & スタッフ紹介
海外旅行で滞在したゲストハウスやホステルの虜となり、地元の兵庫県で宿をオープンするという計画を開始しました。その後「世界の宿視察」という名目で世界一周をスタートし、1年半の月日が流れて帰国。計画を立て始めてから7年が経過し、この度ガロホステル神戸をオープンしました。
詳細はこちら→ History & Staff


建物内の様子


神戸布引ハーブ園
(布引ロープウェイ山麓駅まで徒歩で約10分)


北野異人館
(北野エリアまで徒歩で約15分)