当施設について

ようこそガロホステル神戸へ
JR新神戸駅の改札口から徒歩3分の場所にある昭和レトロな建物をリノベーションしたアットホームなホステルです。徒歩1分の所に三宮、元町行きのバス停があり、観光やビジネスにも便利な場所です。日本三大神滝に数えられる布引の滝や、異人館で有名な北野町やハーブ園にも近く、都会と自然の両方を楽しめるロケーションです。 →  History & Staffの詳細

名前の由来について
ガロホステル神戸の『ガロ』とはポルトガル語で雄鶏という意味です。ポルトガルでは幸福をもたらす縁起物とされており、神戸のシンボルでもある『風見鶏』としても使われています。また、当施設ができた2017年は、酉年でもあり、この雄鶏を用いて縁起の良い宿泊施設として皆様に親しまれるようガロホステル神戸と名付けました。

誕生エピソード & スタッフ紹介
海外旅行で滞在したゲストハウスやホステルの虜となり、地元の兵庫県で宿をオープンする計画を開始しました。その後「世界の宿視察」という名目で行き当たりばったりの世界一周をスタートし、約1年半後に帰国。計画を立て始めてから7年が経過し、この度2017年にガロホステル神戸をオープンしました。
詳細はこちら→ History & Staffの詳細

ガロホステル周辺
徒歩圏内の観光スポットには竹中大工道具館、布引ハーブ園ロープウェイ駅、布引の滝、北野異人館エリア等があります。また、当施設から徒歩1分の場所に三宮、元町行きのバス停があり、4~7分間隔でバスが到着します。三宮駅までバスで約10分、または徒歩20分です。周辺にはコンビニ(徒歩1分)やミニスーパー、いくつかの飲食店があります。→ 周辺案内の詳細


建物内の様子


神戸布引ハーブ園
(布引ロープウェイ山麓駅まで徒歩で約10分)


北野異人館
(北野エリアまで徒歩で約15分)