都会のオアシス『布引の滝』

先日、久しぶりに布引の滝へ行ってきました。

布引の滝は、那智の滝や華厳の滝と並ぶ日本三大神滝の1つです。
「布引の滝」という名前で一括りになっていますが、実は雄滝、夫婦滝、鼓滝、雌滝という4つの滝があります。

ガロホステルからから1つ目の滝までは徒歩15分ほどです。
本格的なハイキングの準備がなくてもお散歩感覚で訪れる事ができる距離です。

まずは当施設から徒歩4、5分の場所にあるJR新神戸駅へ。

下記写真は、新神戸駅1階にある高架下です。
繁華街の近くだとは思えないほどマイナスイオンに囲まれており、日によっては川遊びを楽しむ人で賑わっています。

新神戸駅1階から高架下をくぐると、布引の滝へと続くハイキングコースに入ります。

神戸市のロゴが入ったレトロな橋。

少し歩くと一番最初に見えるのが雌滝。

さらに奥へ歩いて鼓滝を通り過ぎると、

雄滝と夫婦滝が姿を現します。

高さ 43m、滝壺は面積430m2もあるそうです。

幼稚園の幼児らもお散歩に来ています。
小さな子供達でも来ることができる優しいハイキングコースです。

雄滝のすぐ近くには、おんたき茶屋があります。
ノスタルジックな雰囲気が素敵なお店です。

ここで食事しながら一服するのもいいですね。

布引の滝はここまでですが、さらに上がるとヨーロッパにありそうな大きな城壁の様なものが姿を現します。

実はここ、ダムになっています。

海外からのゲストは「こんな都会にダムがあった!」とよく驚かれています。

さらに布引ハーブ園や摩耶山のバイキングコースにも繋がっています。

当施設から朝の散歩にも丁度良いコースなので、滝やダムまで出かけられる方もいらっしゃいます。
都会のオアシスで癒されてみてはいかがでしょうか。

新神戸にお越しの際は、ぜひ訪れてみて下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です