kitano-tenma-shrine-kobe

名所と穴場を巡る!神戸観光コース

神戸には、海側に港風景を望むハーバーランドやメリケンパークがあり、山側には日本三大神滝に数えられる布引の滝、日本最大級のハーブ園、日本三大夜景の摩耶山があります。
海と山に挟まれるように街があり、外国人が住んでいた北野異人館や中華街、旧外国人居留地があり、異国情緒が色濃く残る場所です。
その他にも室内でも楽しめる動物園、博物館や美術館、多くの観光施設があります。
名物も神戸ビーフや味噌餃子だけではありません。港町の神戸にはインターナショナルな料理店が至る所に点在しています。
今回は、ガロホステル神戸を拠点とした定番の名所や穴場スポットを巡る神戸観光コースをご紹介します。

DAY1

出発!

galo-hostel-kobe-history

ガロホステル神戸にご宿泊のお客様で荷物をお持ちの場合は、チェックイン前のお荷物預かりが可能です。
当施設は、JR新神戸駅の改札口から徒歩3分の場所にあります。

三宮からお越しの場合は、神戸市バスの2系統が最も便利です。また、徒歩20分もしくは神戸市営地下鉄西神・山手線でもアクセス可能です。

9:30 日本三大神滝でマイナスイオンに癒される

kobe-nunobiki-waterfalls

JR新神戸の裏側には、日本三大神滝日本の滝100選にも数えられる『布引の滝』があります。

布引の滝は、雌滝、鼓滝、夫婦滝、雄滝という4つの滝の総称です。

1つ目の滝、JR新神戸駅から1つ目の雌滝までは徒歩で約5分。ガロホステルから徒歩約10分ほどです。
さっきまで駅にいた事を忘れてしまうほどのマイナスイオンに囲まれた大自然が広がっています。

galo-hostel-kobe-nunobiki-water-falls-7

雌滝から10分ほど歩くと、布引の滝最大の『雄滝』があります。
高さ 43m、滝壺は面積430平米の巨大な滝です。

おんたき茶屋

また、布引の滝横の階段を上がると、創業100年の食事処『おんたき茶屋』あります。
ミシュラングリーンガイド(観光版ミシュラン)にも紹介され、1つ星を獲得しています。

ontaki-chaya-nunobiki-water-falls-6

雄滝を眺めながら一休みしてはいかがでしょうか。

軽食に名物のおでんを食べながら滝の音に癒されてみるのも良いですね。

10:30 北野町を散策

kitano-ijinkan

新神戸駅前の複合商業施設『コトノハコ神戸』は北野町になります。
コトノハコ神戸前の道を歩いて異人館へ。
神戸を代表する名所の北野異人館街といえば、かつて外国人が居住した洋館が点在する事で有名です。明治大正期に外国人が住んでいた洋風建築物が数多く残る伝統的建造物群保存地区です。
コトノハコ神戸前の坂道を道なりに歩いていくと、北野異人館街に辿り着きます。
ガロホステルからは徒歩で約13分です。

有名な異人館のスターバックスもこのエリアにあります。

kitano-ijinkan-5

北野異人館街で最も有名な異人館の一つ『風見鶏の館』の横には『北野天満神社』があります。
福原(神戸)遷都の際に平清盛の命で作られたといわれています。
北野天満神社から見た風見鶏の館です。

kitano-tenma-shrine-kobe

北野町にあるのは洋館だけではありません。100年以上の歴史がある日本初のモスク神戸モスク』やインドのジャイナ教寺院、ユダヤ教のシナゴークまであります。

旅行者にはあまり知られていませんが、異人館『うろこの家』の山側にある『みはらし展望台』は、異人館と神戸の街を一緒に見る事ができるスポットです。

kitano-ijinkan-view-spot
北野工房のまち
kitano-meister-garden-2

また、旧北野小学校の校舎を利用した『北野工房のまち』には体験工房やお土産店があり、日本のレトロな小学校の雰囲気を味わうことができます。

12:00 北野エリアでランチ

uohide-kobe

北野エリアにはフレンチ、パキスタンorインドカレー、イタリアン、和食等、国際色豊かなレストランが点在しています。

神戸の魚屋さんが営む人気の「魚秀」もこのエリアにあります。ランチタイムはリーズナブルな料金で新鮮な魚を食べる事ができます。
「魚屋のプレートランチ」です。刺身や焼魚、たっぷりと魚が入った美味しいあら汁も付いています。
魚料理店ですがパスタも絶品です。

13:30 海外移住と文化の交流センター

kobe-kitano-15

北野町の西側にある海外移住と文化の交流センターは、かつて多くの移住者をアメリカ大陸へ送り出した元国立移民収容所です。
神戸港から南米へ渡った方々が日本を発つ寸前まで滞在していた建物ですが、現在は博物館と交流センターになっています。

収容所時代の様子や移住後の生活を知る事ができ、建物内の壁には当時の移住者が書いた落書きも残っています。

当時の日本人がどんな思いで何故南米へ渡り、どうやって現地で生活したかまで詳しく説明されています。定期的にイベントも行われており、ブラジル人や日系人の方々と一緒にブラジルを中心とした南米文化に触れる事ができます。

ドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」の舞台にもなりました。

15:00 徒歩でビュースポット「ビーナスブリッジ」へ

venus-bridge-kobe

海外移住と文化の交流センターの近くにある諏訪神社の階段を上がっていくと、神戸の街並みをパノラマで一望できる『ビーナスブリッジ』に辿り着きます。

夜景が有名なスポットですが、日中も爽快な景色を堪能することができます

また、多くのカップルがここで南京錠を施錠しています。

16:30 レトロな雰囲気を感じる「モトコー」

JR元町駅からJR神戸駅間の高架下にあるモトコーは、戦後の闇市が起源とされる商店街です。
現在は、昔から続くレトロなお店とスタイリッシュなお店やカフェが混在しています。
神戸市民にも親しまれるような良いお店が点在し、どこか懐かしい通りとなっています。

とても良い感じの昭和感がある洋菓子屋の『レンセイ製菓』には、昔ながらの懐かしいお菓子は全て100円です。

motoko-shopping-street

コンバースの聖地『柿本商店』もモトコーにあります。
全国からコンバースファンやスニーカーファンがこのお店のために神戸へやってきます。

もしこの辺りでデザートを食べるなら『パティスリーAKITO』や『パティスリーモンプリュ(patisserie mont plus)』に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。スイーツの聖地、神戸でも指折りの人気店です(イートインも可能)。

mont-plus-kobe

(上写真はテイクアウトした時のものです)

17:30 中華街を散策

shin-kobe-transportation-1

日本三大中華街を散策しながら食べ歩きはいかがでしょうか。

18:00 神戸名物「味噌餃子」

中華街を散策して、神戸発祥の味噌餃子はいかがでしょうか。
日本式の餃子は醤油をつけて食べますが、神戸では醤油と餃子用のオリジナル味噌をつけて食べる味噌餃子専門店があります。
中華街には「ぎょうざ大学」や「元祖ぎょうざ苑」があります。
また、三ノ宮にある「包君」は居酒屋スタイルのお店です。

18:30 定番も忘れずに!神戸の夜景を見よう

kobe-port-night-view

ベイエリアには、大きく分けると公園側の『メリケンパーク』と複合ショッピングセンターがある『ハーバーランド』があります。双方は徒歩圏内です。

メリケンパークからは観覧車があるハーバーランド側を見る事ができ、ハーバーランド側からはポートタワーがあるメリケンパークの景色を見る事ができます。

DAY2

教会カフェでモーニング

freundlieb-breakfast-3

神戸土産の焼き菓子としても有名な『フロインドリーブ』ですが、本店は国の登録有形文化財でもある旧ユニオン教会をリノベーションした建物です。
ガロホステルから徒歩10分ほどの場所にあります。

建物の2階にあるチャペル部分がカフェとなっており、平日限定でモーニングメニューがあります。それ以外の日もカフェメニューの利用が可能です。

教会のチャペルで優雅な朝食はいかがでしょうか。

午前中 ロープウェイで神戸布引ハーブ園へ

kobe-nunobiki-herb-garden-8

新神戸の布引ロープウェイでハーブ園へ。
ハーブ園のロープウェイ駅は新神戸駅の西側にあり、ガロホステルから徒歩10分ほどです。
このハーブ園は、日本最大級のハーブガーデンです。

ハーブが美しいのは勿論のこと、ロープウェイから見渡す神戸の街並みや大阪湾、布引の滝の景色が最高です。

また、ハーブ園内には植物に囲われたお洒落なカフェもあります。

12:00 神戸牛ビーフ館で神戸牛ランチ

新神戸駅前のコトノハコ神戸には、老舗の「和黒」と2019年にオープンした「神戸ビーフ館」があります。
後者は店内には神戸ビーフに関する小さな資料展示スペースも併設されています。展示スペースで少しだけ神戸牛の事を知ってから世界一のビーフを味わってみてはいかがでしょうか。
世界の神戸ビーフがさらに美味しく感じるかもしれません。

14:00 室内でも楽しめる神戸どうぶつ王国

kobe-animal-kingdom

神戸の動物園というと、王子動物園を想像する人も多いかもしれませんが、ポートアイランドには2014年にリニューアルした神戸どうぶつ王国があります。
この動物園は国内でも珍しく、施設の大部分が室内にあり、雨でも満喫できる動物園となっています。

ここではあらゆる動物と触れあえるコーナーがあります。
また、定期的にイベントも行われており、子供から大人まで楽しむことができます。

UCCコーヒー博物館
kobe-ucc-coffee-museum

また、同じポートアイランドには、有名な神戸の企業、UCCが運営する『UCCコーヒー博物館』があります。

この博物館では、珈琲の歴史やコーヒーができるまでの工程が詳しく説明されています。
また、コーヒーの飲み比べイベントも行われています。プロのバリスタも絶賛する見応えある博物館です。

ちなみに神戸には日本初といわれる珈琲店もあり、古くからコーヒーが親しまれています。

18:30 日本三大夜景 摩耶山掬星台

shin-kobe-transportation-2

日本三大夜景の摩耶山掬星台へ行く場合は、三ノ宮駅のバス停から18系統で行く事ができます。
ガロホステル神戸からは、徒歩1分の場所にあるバス停「熊内6丁目」から同じ18系統のバスに乗ると、13分で摩耶ケーブル駅に到着します。
※シーズンによって週末のみ運行

19:30 兵庫名物を食べよう

grill-ippei-kobe

帰宅前にディナーを食べるなら、神戸名物の「ビフカツ」や兵庫名物の「明石焼き」はいかがでしょうか。
古くから牛肉文化が根付く神戸には、ビーフカツレツのお店があります。洋食屋「グリル一平」や「グリル末松」でも提供しています。
神戸で明石焼きを食べるなら「たちばな」や「司」という専門店もあります。

20:30 ジャズバーで生演奏を楽しむ

古くから異国の文化が根付く神戸には、早くからジャズの文化があり、日本におけるジャズ発祥の地ともいわれています。

神戸の北野にある「ジャズバーソネ」のシックな空間でお酒を嗜みながらジャズの生演奏を楽しんでみてはいかがでしょうか。
異国情緒の神戸がさらに好きになるかもしれません。

 

DAY3

新神戸の人気カフェでモーニング

shin-kobe-toaster-4

また、ガロホステル神戸から徒歩4分の場所に大人気カフェ『トースター』があります。
トーストやコッペパンの味は勿論のこと、手造りのペーストが最高です。
特におすすめしたいのは、トーストに手作りアーモンドペーストを塗った「アーモンドゴロゴロ(通称アーゴロ)」です。

新神戸界隈だけでなく、神戸市内外から人が訪れる隠れた名店です。

午前中 竹中大工道具館

takenaka-carpentory-tools-museum

新神戸駅前の竹中大工道具館は、ミシュラングリーンガイドで2つ星を獲得した隠れた名スポットです。道具館という名前がついていますが、道具だけではなく日本建築に関係するあらゆるものが展示されており、とても見応えのあるミュージアムとなっています。
ガロホステルから徒歩1分の場所にあります。
また、本館横にある建物は、小さな日本庭園付きの休憩スペースとなっています。

午後 六甲山 or 博物館

rokko-garden-terrace-kobe

午後からは、アウトドア派は六甲山や王子動物園インドア派は兵庫県立美術館や横尾忠則現代美術館、地震の博物館(人と防災センター)を訪れてみてはいかがでしょうか。

兵庫県立美術館は、安藤忠雄氏が作った建築物としても有名です。
国内外から多くの人が訪れる有名な美術館です。

hyogo-prefectual-museum-tadao-ando

六甲山は、ガロホステルから徒歩1分のバス停から2系統に乗り、阪急六甲駅で16系統に乗り換えると六甲ケーブルに到着します。
王子動物園へは徒歩4分の場所にあるバス停から92系統のバスで約10分です。

見所満載の神戸

これだけではまだまだ紹介できない名所が他にも沢山ありますが、3日間で訪問できる定番スポットと隠れた名所を厳選しました。意外なほど見所満載の神戸を満喫して下さい!

関連記事
新神戸から観光名所への移動方法
都会のオアシス『布引の滝』
ヒーリングスポット『神戸布引ハーブ園』
神戸布引ハーブ園の夕焼けと夜景
『おんたき茶屋』と『徳光院』の紅葉
教会のカフェ『フロインドリーブ本店』で優雅な朝食
北野町で異人館巡り①
北野町で異人館巡り②
北野町で異人館巡り③

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA