kitano-ijinkan-5

北野町で異人館巡り②

北野町で異人館巡り①の続きです。

『港みはらし台』から来た道を戻り、一つ目の十字路を右(西側)に進んでいくと、北野天満神社の裏口に到着します。

『北野天満神社』は福原(神戸)遷都の際に平清盛の命で作られたといわれています。
西暦1180年に創建された歴史のある神社です。

この神社からは、最も有名な異人館のひとつ『風見鶏の館』と神戸の街並みを一望できます。
この時は曇っていましたが、晴れているとかなり良い景色です。ちなみに春は桜がとても綺麗。

正面付近から見た『風見鶏の館』です。
この異人館の風見鶏は神戸のシンボルの一つにもなっています。

その隣は萌黄の館。

この周辺に点在する銅像たちがクリスマスバージョンになっていました。

風見鶏の館をまっすぐ下(南)に下ると、北野坂という通り沿いに異人館のスターバックスとして有名な『北野物語館』があります。
1907年に建てられ、その後フロインドリーブの創始者、ハインリヒ・フロインドリーブ氏のお家にもなった異人館です。

当たり前ですが館内は異人館そのもの。
2階席もお洒落です。

向かいには安藤忠雄氏の建造物、RIN’S GALLERY。
ここの前の道、北野坂を下って一つ目の十字路を右(西)に行くと、山本通りです。


この山本通り周辺にはお洒落なカフェやショップ、異人館が点在しています。
ちなみに下記写真1枚目も山本通りにある安藤忠雄氏の建造物です。

サンパウロというレトロスタイリッシュな喫茶店。
異人館の雰囲気にぴったりで男性陣だけでも入りやすいお店だと思います。

『la Maison de GRACIANI KOBE KITANO』というフレンチのお店。
ハイクラスな料理が楽しめる異人館です。

ここも有名な異人館『シュウエケ邸』です。

つづく。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA